お金に対する考え方

歯ブラシ

長い目でみる矯正歯科の料金

アメリカ人は歯を矯正している人がたくさんいます。歯並びがきれいということは生活レベルが高いという印象を受けるそいうです。 たくさんの人が矯正歯科に通うので、その分料金も日本より安いと言われています。 日本ではまだまだ歯を矯正している人が少ないように思います。 矯正歯科はお金がかかると思っている方も多いと思います。でも矯正歯科は平均して1年から2年間治療をおこないます。例えば、上下ともに表側に矯正装置をつける治療をおこなった場合、70万円から100万円と言われています。治療に2年間かかったとすると、一月あたり約30000円から41000円になります。 虫歯治療などから比べると高く感じるかもしれません。 しかし、きれいな歯並びになることによって、歯磨きは隅々までブラッシングできるようになり、虫歯が減り、生涯自分の歯で生活できるとなれば、この金額が決して高いとは思いません。 矯正歯科は自由診療となりますが、保険が適用になる場合もあります。確定申告で治療費が少し戻る場合もあります。

色々なタイプの矯正装置

現在、矯正歯科では様々な矯正装置があります。この矯正装置のことをブラケットといいます。 歯の表面につける金属製のブラケット。このタイプは丈夫ですが、目立つというデメリットがあります。しかしほかの装置と比べると安価なので、治療費を抑えることができると思います。 歯の表面につける装置でも目立たないタイプのブラケットもあります。表につけるので全くわからないということはありませんが、金属アレルギーの方も大丈夫なタイプのブラケットです。 金属ブラケットと比べると少し費用は高額になります。 歯の裏側にブラケットをつける裏側矯正。こちらは表からは見えないので、装置が気になるという方はいいかもしれません。ただし、費用が高額になることと矯正歯科医の経験が必要となります。 マウスピース矯正というのもあります。この場合、治療できる症状が限定されています。 ハーフリンガル矯正は上の歯には裏側ブラケット。下の歯には表側ブラケットを装着するタイプです。この治療をしている矯正歯科はまだ少ない為、治療費も高額になります。 治療期間や矯正装置によって金額が変わってきます。 自身のライフスタイルに合わせて検討してみるといいと思います。