歯並びと健康

歯科医療機器

歯並びを良くすることは日本では比較的軽視されがちですが、実は人間の健康を維持するうえで非常に大切なことなのです。歯並びを綺麗にすれば噛み合わせがよくなり、歯に均等に力が加わるようになるので片頭痛や肩こりなどが解消されるようになるのです。また歯並びが良くなると細部にまで歯ブラシが行き届き、プラークの蓄積が解消され虫歯リスクが飛躍的に減少するようになるのです。また成長期に矯正治療を施すことで顎の正常な発達が見られるようになり、バランスのとれた顔立ちになるのです。しかしこうしたメリットが様々あるとわかっていても治療に二の足を踏む日本人が多いのは、歯の表面にワイヤーやブラケットと言う装置をつけて治療するので見た目が悪くなるからなのです。そのため最近では見えない矯正治療と言うものがトレンドになっているのです。

見えない矯正治療には歯の裏側にワイヤーやブラケットと言った装置をつける舌側矯正治療、透明のマウスピースを装着して歯を動かしていくインビザライン治療など様々なあるのです。こうしたトレンドの矯正歯科治療を受けるには、最寄も矯正歯科クリニックでも構いませんが、こうした治療法に特化した専門医のいるクリニックで治療を受けた方が良いと言えるでしょう。舌側矯正の場合、人に一切装置が見えないので、人知れず治療を行うことができ、治療中のコンプレックスがなくなるのです。しかし歯の裏の装置が舌の動きを邪魔して発音しにくくなるので、しばらく慣れるまで会話が億劫になります。一方インビザラインは治療中のこうした発音障害も一切ありません。なおかつ食事や歯磨きの際にはマウスピースを外すことができ、今までと変わらない生活を送ることができるのです。