間接的に

白い歯

歯科技工所を利用する方法

歯科技工所を利用する方法は、歯科で治療を受けることです。歯科技工所は、歯科医の診断なしに患者が直接サービスを提供することはできません。その理由は、歯科技工所が歯科技工法で定められた医療施設であるゆえです。そこでは、歯科技工士が業務にあたっています。 歯科技工所を利用するにあたっては、まず、歯科医からさし歯や入れ歯などの治療を受けます。患者の歯の状態に合ったさし歯や入れ歯を、歯科医が歯科技工所に制作依頼をします。制作依頼を受けた歯科技工士は、処方箋通りの製品を制作します。そして、数日後に歯科治療の中で医師から患者に手渡されます。歯科技工の技術は、さし歯や入れ歯だけでなく矯正歯科にも使用されています。

歯科の技工所におけるサービス

歯科技工所において歯科技工士から提供されるサービスを一番望む人たちは、歯科医です。歯科医については、むし歯の治療に携わる医師だけでではありません。審美歯科に携わる医師も歯科技工の技術を必要としています。その理由は、歯の治療や再建をするにあたって歯科技工の技術がかかせないゆえです。歯科医の中には、歯科技工士の資格を有している人もいります。しかし、治療と歯科技工を同時に行うには大変な時間と設備を要します。よって、たいていの歯科医は歯科技工所に依頼しています。 また、患者も歯科技工所におけるサービスを望んでいます。その理由は、歯科技工によって制作されたさし歯や入れ歯などを必要としているゆえです。それを使用することで、口内を快適に保つことができます。